池袋螢屋(ほたるや)楓(20)【体験談】初体験の和空間で出会った激若セラピストに心から癒された

螢屋かえでキャプチャ

お店の概要

螢屋キャプチャ

DETA

【店名】 螢屋(ほたるや)
【エリア】 池袋
【今回のセラピスト】 楓(20)
【支払った総額】 16,000円

池袋メンズエステ 螢屋
池袋の歴史が変わる。純和風・至極のメンズ...

女の子の情報

螢屋かえでキャプチャ

今回のセラピスト

楓(かえで)(20)
T161 B86(D) W59 H87
【プロフィール】 公式プロフィール

利用までの流れ

今回は池袋へ。最近新宿が多かったこともあり、池袋独特のアングラ感が少し恋しくなっていました。

そこで前々から気になっていた「螢屋」さんを訪問。

ホームページから推測するに「和」がコンセプトになっているお店です。

メンズエステ業界には、こういった明確なコンセプトを打ち出しているお店はまだまだ少ない(?)ため、こういうお店は個人的に気になってしまいます。

電話対応と予約

当日ですが、我ながら比較的早めの予約。夜が待ち遠しい。

電話口の方は優しそうな印象で対応は悪くないです。むしろ丁寧な部類だと個人的には感じました。

ただ実は指名したかったセラピストさんは、早い時間にも関わらず予約満了とのこと。

普通ならここで引き下がりますが、せっかくなので“同じ時間帯で他にオススメの女の子はいますか?”と聞いてみると、楓さんを勧められ。

店の勧めに乗って良かったと思う確率は50:50以下な印象ですが、何故か今日は螢の光に導かれるように・・・

当日のアクセス

ここのお店はホームページに住所の記載があります。看板も出ているみたいで。珍しいですね。

ただ駅歩はかなりあるので土地勘がない方は事前に調べておいたほうが良いかと思います。

池袋の端、混沌が渦巻く“平和”通りを抜け切る直前にお店はあります。池袋駅北口から出て10分、余裕を持つなら15分見ておけば間違いないかと。

ビルの低階層にはBARが入っていたり、独特なカオス感が。これを味わうのもメンズエステの醍醐味かと。特に池袋こういうお店多い印象です。

ご対面シーン

お店がある6階にエレベーターで上がり、エレベーターを降りるとすぐ横に「螢屋」の看板が。旅館っぽくて可愛いです。

インターフォンを押すと男性の方が出て、予約名を告げて少し待つと、ドアが開き、楓(かえで)さんがお出迎え。

タンクトップのようなトップスにショート丈のパレオというなんとも刺激的な衣装。

“(めちゃ若っ)”という印象を抱きつつも、それ以上にお店の内装がすごい。

まず目に入ってくるのが、白い石が敷き詰められたまるでお庭のような廊下。ここビルの中だよね・・・?となる不思議な空間。

そして上の階へ案内されます。(←いや上の階あるんですか!?)

中に入って階段を上がり、個室に通されます。階段で楓さんに追従しつつ、ミニスカートならぬ、ミニパレオから覗く景色は良かったです。メンズエステのお店内で階段を上がったのが初めてだったので嬉しかった(小並感)

個室は狭いですが、本物の旅館のような空間。綺麗でお洒落なワンルームなどは経験ありますが、ここまで統一された和の空間は初めて。

料金支払いとコース説明

個室に入りはじめに料金の説明とお支払いを済ませます。

“本日90分でお間違いないですか?♡オプションのホイップはどうしますか?♡”

“あ、付けてください。”

もう勝手に付けて欲しい。ホイップなら何も言わずに付けてくれて構わない。それほどの信頼を置いている。

料金の内訳

コース料金(90分):14,000円
オプション ホイップ:2,000円

総額:16,000円

料金は相場と比較してかなり安めですね。ホイップもついてこの値段はかなりリーズナブルかと。

なんでだろう・・・場所代が安いのか・・・?確かに駅から遠いので、場所は良くない部類だと思いますが、内装のこだわりようなどを考えれば、かなり安いなと個人的には感じました。

お部屋の雰囲気

部屋の雰囲気はコンセプトでもあるように、畳部屋の完全に和な空間です。

部屋としては狭い気がしますが、狭いながらにそれがむしろ落ち着くといった過ごしやすい空間です。

外の音が気になるかなと思いましたが、足跡などが多少聞こえるだけで、声や雑音はほぼなくかなり静かな空間です。

この狭くも落ち着く旅館のような空間で、若いセラピストさんと二人で・・・というシチュエーションが最高です。ここまで作り込まれているお店のコンセプトにはただただ脱帽。

シャワールームの設備

ちなみにシャワールームは1階にあり(ビルの6階)、お部屋は2階(ビルの7階)にあります。なのでその度の行き来があり、これもまた新鮮でした。

距離があるわけではないので、すぐですが静かな廊下を二人で歩いていくとき不思議な高揚感を覚えます。

シャワールームは比較的しっかりめです。浴槽もあり(蓋がされています)やけに広いバスルーム。本当にちょっとした宿のような仕様です。(元々なんの建物だったのか気になります)

シャワーの水圧も強かったので、何不自由ないという感じです。

紙パンツは伸縮性のあるものと、ないものの二種類。違いがあるのかいまいち謎です←

施述内容

施述は通常通りうつ伏せから。

早速指圧マッサージなのですが、背中にしっかり乗ってのマッサージ。

そして上から覆いかぶさるように、背中から指の先までほぐされていく。

結果としてスタートからかなりの密着度合いに驚いた。背中から抱きつかれているような印象だ。


楓さんに年齢を聞くと、表記通り21歳の大学生らしい。若い。

多少はガールズバーなどの経験もあるようで、話はかなり上手である。趣味のアニメの話などで盛り上がった。

雰囲気も明るく、本当に普通に大学に通っている女子大生という感じだ。こんな女の子とは当然普段触れ合う機会はない。これがメンズエステの醍醐味である。(醍醐味いっぱい)

指圧も軽くして、オイルマッサージに移る。

オイルマッサージは足から、カエル足、鼠蹊部、そして上半身という感じで進行していく。

タオルを全て取るのではなく、左右にはだけさせながら行う施述は初めてで、なんだか逆にいやらしい感じがした。

たくさん楽しく話させてもらったが、正直今回は話の内容をほとんど覚えていない。

楓さんは明るく楽しそうに施述してくれていたのだけは覚えている。

楽しく話しながらも、施述は進行していきこちらは四つん這いにさせられているのだから、なんともシュールである。

マッサージ自体はキワキワ度はそこまで高くないが、話やすく雰囲気の良いセラピストさんで程よくリラックスできた。


うつ伏せの施述が終わるといよいよ仰向けだ。

仰向けになると、まずはヘッドスパのようなマッサージ。この時の景色がまた良い。

そしてまた同じように、左右を交互にマッサージされていく。

それが終わると、不意に楓さんが覆い被さり抱きつくような体勢に。

“少しだけぎゅーの時間だよ・・・♡”

言うまでもなかろう。これはずるい。

比較的ここまで明るく楽しそうに喋っていた。そこからのギャップがたまらなく愛しい。

触れ合う肌が若々しい。狭い部屋には静かなBGMと、クーラーが時々轟音を響かせうねりをあげている。

少し肌寒い室内で、触れ合う体温に心を解される。そんな時間が流れていた。


最後10分間でついにオプションのホイップが発動した。

ホイップを作ると言って出て行った背中が恋しい・・・とても良い尻だった・・・

シャワールームが遠かった(徒歩15秒)こともあって、きっとホイップを作る場所もおそらく少し遠いのであろう(徒歩15秒)

和風な個室に取り残されて、一抹の寂しさを覚える。

そんなことも束の間、すぐにもっこもこに溢れんばかりの泡を携えた楓さんが戻ってきた。

“それではホイップ初めていきますね♡”

そういうと紙パンツの中に大量の泡が・・・

そしてマッサージが始まる。当然本日最高のキワキワ度である。


“とてもよかった。癒された”

と告げると。“よかったー♡”と喜んでくれたのが印象的でした。

ちなみにこんな名刺くれました。

終わり間際にくれたメッセージ入りの名刺

裏面にはメッセージ入り。いいお店だったな〜。

総括

技術や施述内容に関しては、物足りなさは若干あるものの、お店のコンセプトであったり、コストパフォーマンスを考えると個人的にはかなり好きです。

何より内装からしてワクワクさせられますし、お部屋の雰囲気もかなり好きでした。

評価:4

女の子に関しては、とても可愛い、美人というわけではないですが、明るく良い子で十分に及第点でした。なんていうか程よくイチャイチャ要素あり、話してても楽しいという。

そもそもお店の雰囲気が楽しかったため、他の子なども入ってみたいなと思います。

なので今回は☆4評価で。

こういうコンセプト店ってあんま多くない印象なんですけど、めちゃいいなって思いました。

都内にはまだ見ぬコンセプト系メンズエステがあるのだろうか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました